メディア情報 - media information
メディア情報
日付
キム・ジェウォン, 1人事務所設立…20年来のマネージャーへとの義理[公式]
2020-04-16

[東亜ドットコム チョン・ヒョジン記者 2020.4.16]

 

俳優キム・ジェウォンが1人事務所プラットビジョンエンタテインメントを設立した。
 

キム・ジェウォンは旺盛な活動を見せていた新人の頃から苦楽を共にしてきた20年来のマネージャーとの義理を通し、今日(16日) 1人事務所プラットビジョンエンタテインメントを設立し、新たなスタートを切った。

本人ならではの個性と信念のこもった真摯な演技で大衆に出会うため新たな跳躍を始めるキム・ジェウォンはプラットビジョンエンタテインメントという社名の下で企画、マーケティング、制作など会社全般の運営に直接乗り出し、アーティストの垣根を越えて、事業家としての力量と情熱を垣間見せる一方、信頼と人間中心のエンタテインメント会社として育て上げ、大衆により良いエネルギーを伝える俳優になることを願っていると抱負を語った。

デビュー20年を数えるキム・ジェウォンは2000年代初めにドラマ‘わが家‘, ‘ロマンス’, ‘マイラブ パッチ’ などを通していつ役スターダムにのし上がり、韓国に笑顔を届けた ‘キラースマイルキム・ジェウォン’から昨年放送された‘神のクイズ:リブート’では狂気に溢れる‘ヒョン・サンピル’ 役を熱演し、多様かつ幅広い役柄を演じ続けてきた。

キム・ジェウォンの独立に多くの同僚スターたちとエンタテインメント業界の関係者の応援メッセージが届けられ、国内はもちろん中国、日本、東南アジアなどアジア地域のファンたちともキム・ジェウォンの新しいチャレンジに着たいと関心が寄せられている。新たなスタートだけに今後の活動が期待される中、今年のドラマ、映画だけでなくバラエティーでも人間キム・ジェウォンの異色の魅力が期待されている。

プラットビジョンエンタテインメントは “今年半ばの放送を控えているリアルバラエティー番組を皮切りに、下半期には映画とドラマを通してこの間見られなかった新たなキャラクターで視聴者と出会う予定。そればかりでなく多様な形態のチャンネルを通してファンたちと大衆に直接近づきコミュニケーションを取るメディアコンテンツを企画制作中” と伝えた。

国内活動に止まらず近々日本、ベトナム、タイなどアジア各国でファンミーティング及びプロモーションの要請が殺到しているが、現在の状況に鑑み、下半期の日程を検討中とのこと。국

写真提供/プラットビジョンエンタテインメント

ID:
PWD: