メディア情報 - media information
メディア情報
日付
[放送終了-day]'神のクイズ: リブート' リュ・ドクファン, キム・ジェウォン 復讐+ミステリー解決成るか
2019-01-10

[ヘラルドPOP=アン・テヒョン記者 2019.1.10]

 

神のクイズ: リブートは最後まで目を離させない展開を見せている。

今日(10) OCN 水木オリジナル神のクイズ: リブート’(演出 キム・ションヒョク/ 脚本 キム・ソンヒ/ クリエイター パク・ジェボム)16話を最後に終了を迎える。神のクイズ: リブート2010年から放送された神のクイズシリーズの5回目のシーズン。独創的な世界観と密度の濃い展開でシーズン1から多くの支持を集めてきた神のクイズだけに, シーズン4 以降4年ぶりに帰って来た神のクイズ: リブートに対する関心もまた熱かった。

そのような関心のなかで大団円の幕を上げた神のクイズ: リブート。先だってのシーズン4当時ソハンケミカルのソ・サンウ(チェ・チョルホ) 会長事件以降約束のない旅に出たハン・ジヌ (リュ・ドクファン)は自然のなかで悠々自適な生活を送っていた。その時運転手の体から急に火炎が噴き出す人体発火現象が起きる事件が発生し, カン・ギョンヒ(ユン・ジュヒ)の依頼でハン・ジヌが再びチームに復帰する姿が描かれた。そのように神のクイズ: リブートは再びミステリーな事件の中心に危険極まりない旅をはじめる。

この間CRPS(複合部位痛症症候群), ‘ドラキュラ病と呼ばれるプロピリン症などの希少病を素材に予測不可な展開を見せてきた前シーズンと同様に神のクイズ: リブートもまたMAO-A 欠乏症という稀少病を素材にして手に汗握るストーリーを紡いできた。特にビッグブレーン天才医師ハン・ジヌとビッグデータを基盤にする人工知能死因分析システムコーダスとの対決, 他のどのシーズンよりも強烈なカリスマを露わにした悪人ヒョン・サンピル (キム・ジェウォン)まで物語の中心に割り込んだ。

そのかいあって9日に放送された15話まで神のクイズ: リブートは休む間もなく緊迫感ふれる展開を続けてきて。特にコーダス, ヒョン・サンピル, ハン・ジヌの間につながれたミステリーは視聴者に果てしない推理を起こさせ吸引力を高めた。そして視聴者の推理をはるかに越える衝撃的な真実が明かされていった。ヒョン・サンピルはなぜ復讐の刃を研ぐことになったのかと果たしてヒョン・サンピルとコーダスがハン・ジヌとどのようなつながりを持っているのかが物語のポイントになった。

そして15話でこのようなつながりがついにすべて解けることになった。コーダスはハン・ジヌの母チョン・ヘウォンとシン・ヨンファ (ソ・ユジョン) 墓性がハン・ジヌのブレーンマッピングを複製して作ったAIシステムだったし, ヒョン・サンピルは過去にヒョクチョン福祉園事件に関連しハン・ジヌと因縁があったという事実が明らかになった。そのようにハン・ジヌは自身のブレーンを複製して作られたコーダスの助けを借りて記憶復元術を施し, 幼少期にヒョクチョン福祉園と関連した記憶を取り戻すことに成功した。

しかしこれで話が終わったのではない。ヒョン・サンピルはハン・チス会長の病室を訪ね火を放ってヒョクチョン福祉園の子どもたちの死に対する復讐を果たした。また15話のエンディングではハン・ジヌがクァク・ヒョクミンの病室に侵入してきた暴漢にナイフで刺される様子が流れたのだ。あまりにも強烈なエンディング。果たして神のクイズ: リブートは複雑に絡み合った関係と事件をどのようにわずか一話で解くことができるのか。もしかするとシーズン6が登場するのではないかという期待さえも高まってくる。OCN ‘神のクイズ: リブートの最終回は今日(10) 午後11時に放送される。

ID:
PWD: