メディア情報 - media information
メディア情報
日付
‘スイート男子’ キム・ジェウォンだからこそより特別な‘変身’
2018-11-20

既存のスイートな魅力を封印し破格の変身を遂げたキム・ジェウォン/OCN‘神のクイズ:リブート’放送画面キャプチャー

 

[時事ウイーク=イ・ミンジ記者 2018.11.19]

 

同一人物なのかと疑いたくなるくらいだ。スイートな魅力の持ち主である俳優キム・ジェウォンが破格の変身に挑戦状を叩きつけた。キム・ジェウォンだからこそより特別な‘変身’なのだ。

この間積み重ねてきたスイートな魅力とは正反対の‘大変身’だ。15日に放送されたOCNドラマ‘神のクイズ: リブート’を通してキム・ジェウォンはデビュー以来最も強烈な悪役に変身した姿を公開した。視聴者の反応は爆発的だ。

‘神のクイズ: リブート’は4年ぶりに復帰した天才検死医ハン・ジヌ(リュ・ドクファン) 博士が希少難病の裏に隠された秘密を解き犯罪の真実を解剖するメディカル犯罪捜査ドラマだ。劇中キム・ジェウォンは香港の組織ナンバー2 ‘ヒョン・サンピル’ 役を演じている。

短いエンディングシーンだけでも十分だった。 2話のエンディングに登場したキム・ジェウォンは破格のヘアスタイルと華やかなタトゥーなど外的な変身で視聴者を圧倒した。続いて中国語で組織のボスと通話する姿からこれまで見たこともない殺伐とした雰囲気を醸し出し目を引く。遡って9月に放送を終えたSBS週末連続ドラマ‘彼女はといえば’ でのあたたかいキム・ジェウォン(ハン・ガンウ役)の姿とは真逆の対照的な姿なのだ。彼の変身がより破格的に感じられる所以だ。


今年の9月に終了した‘彼女はといえば’のなかのキム・ジェウォン/SBS彼女はといえば’放送画面キャプチャー

 

さらに‘神のクイズ: リブート’ 制作陣は“復讐のために韓国に帰ってきたヒョン・サンピルがハン・ジヌと対立し劇的な緊張感を醸し出す”“ヒョン・サンピルに完璧に成りきったキム・ジェウォンが密度の濃い演技で吸引力を高めている。破格の変身を遂げたキム・ジェウォンの新たな顔に期待してほしい”と伝え期待感を高めている。

キム・ジェウォン
の強烈な活躍の賜物だろうか。15日に放送されたOCN ‘神のクイズ: リブート’ 視聴率は2.6%を記録, 初回放送に比べ0.7%上昇した数値を見せた。

2001年の SBS ドラマ‘ハニラーハニ
’でデビューしたキム・ジェウォン。17年目の俳優である彼はもちろん悪役を一度も演じたことがないわけではない。MBC 華政(ファゥジョン)(2015)と‘お父様、私がお世話します(2016)でキム・ジェウォンは悪役を演じことがある。

しかし今も大衆の認識のなかのキム・ジェウォンは ‘スイート男子’ ‘キラ
ースマイル’ などのニックネームが似合う俳優なのだ。悪役として活躍した作品に比べMBC ‘ファン・ジニ’(2006)をはじめ‘私の心が聞こえる(2011) ‘メイクイーン’(2012)‘などやさしいイメージを届けた作品がより広く愛されてきたからだ。

だからこそさらに特別である。同じようなイメージを引き続き消化するのではない新たなイメージの開拓に乗り出した彼。大衆に愛されるイメージを封印し完璧な変身にチャレンジしたのだ。キム・ジェウォンの異色の魅力, 大いに称賛したい。

ID:
PWD: