メディア情報 - media information
メディア情報
日付
'彼女はといえば' キム・ジェウォン, チョ・ヒョンジェの暴力からナム・サンミを救えるか?…チョ・ヒョンジェ
2018-09-10

[キョンイン日報 デジタルニュース部 2018.9.9

'彼女はといえば' キム・ジェウォンはチョ・ヒョンジェからナム・サンミを救うことができるのか。

SBS 週末特別企画'彼女はといえば'ではどんでん返しにどんでん返しを繰り返すストーリでスリルを届けた。

9日ニールセン・コリアによれば8日に放送された'彼女はといえば' 32話は首都圏視聴率9.7%, 全国視聴率は9.8%を記録した。

 

最高分当視聴率はウンハン(ナム・サンミ)の記憶が戻ったのかを溜め炒め煮赤いハンドラップ包帯を手に持ったカン・チャンギ (チョ・ジェヒョン)の場面で視聴率10.6%を記録した。

この日ウンハンはガンウ(キム・ジェウォン)の助けを借りてカン・チャンギとチョン室長 (ハン・ウンジョン)が血眼になって探していたスマートフォンをようやく手に入れ, スマートフォンのなかの映像は娘タラが撮影したカン・チャンギが自分を暴行する場面が残されていた。

 

ウンハンはスマートフォンななかの映像を応答のスハンのコンピューターに移しスマートフォンを初期化させ映像を削除した。そしてチョン室長がスマートフォンを盗むようにわざとスマートフォンを引き出しに入れカン・チャンギがチョン室長を誤解するように仕組んだ。チョン室長を家から追い出すためのウンハンの計略だった。 
 

チョン室長もまた負けずに, カン・チャンギの暴行に怯えていたウンハンの過去の姿を思い起こしウンハンをあざ笑ったが, ウンハンはカン・チャンギはあなたのように頭の回転が速い人は嫌いだ。愛を何よりも高いものと信じていると言い以前と違って弱い姿を見せなかった。逆に 絶対私の場所を代わることはできないと断固警告し, チョン・スジンを不安にさせた。 

しかし思いもよらないところで危機が発生した。タラがなぜ母さんだとわかったの?との祖母の質問にここを出る時足をくじいたのを知っていたからと応えた。 

 

自分の部屋にあがり偶然この言葉を聞いたカン・チャンギは, その時からウンハンを疑い始め, ウンハンの記憶如何を試すために, ウンハンが自分から暴行を受ける時に来ていた白のパジャマを着てオーディオルームに下りてこいと注文を出した。 

ベルリオーズの幻想交響曲を流して, 赤いハンドラップの包帯を拳の巻いたままウンハンにカン・チャンギは"お前記憶が戻ったんじゃないのか?"と聞き, ウンハンは素知らぬ顔でカン・チャンギに向き合った。

 

これにカン・チャンギがウンハンに再び暴行を加えようとするのか, ガンウはウンハンを救えるのか好奇心を掻き立てた。

ID:
PWD: