メディア情報 - media information
メディア情報
日付
[総合] ‘彼女はといえば’ イ・シア→ナム・サンミ, フェイスオフ…キム・ジェウォンと記憶探しスタート
2018-07-18

 

[ソウル経済 ヤン・ジヨン記者 2018.7.14

ナムサンミとキム・ジェウォンがお互いの命を助け運命的な出会いを果たした。追われていたイ・シアは顔を変えナム・サンミに変わり, キム・ジェウォンと一つ屋根の下で暮らしながら記憶探しをはじめた・
14日の午後に放送がはじまったSBS新週末特別企画彼女はといえばでチ・ウンハン(イ・シア)は上流層の依頼を受けて問題を解決するキム班長(キム・ルェハ)に追われる身分だった。母と弟に合うために葬儀場を訪ねたがその場を立ち去らなければならなくなった。
ハン・ガンウ(キム・ジェウォン)7年前に別れた恋人ソン・チェヨン(ヤン・ジンソン)の母の斎場を訪ねた。ソン・チェヨンは離婚したとことを告げまた付き合いたいと言ってハン・ガンウを怒らせる。

 

車に乗って葬儀場を離れようとしたハン・ガンウにチ・ウンハンが走り寄り救いを求めた。自分を車に乗せて追ってくる男達から守ってほしいとのこと。しばらく迷っていたハンナ・ガンウはチ・ウンハンを車に乗せた。その後チ・ウンハンはハン・ガンウが傷の治療のために薬局に寄っている間に姿をくらました。

その日の夜チ・ウンハンとハン・ガンウは公園で再会する。チ・ウンハンは自分の身の上を悲観し欄干の上に登り,ハン・ガンウはそんなチ・ウンハンを引き留めようとしたが突然胸を抑えて倒れ込んだ。チ・ウンハンがすぐに応急措置を施したため命は助かる。チ・ウンハンはハン・ガンウが気を取り戻すとまたその場から消え去った。
チ・ウンハンはハン・ガンウが整形外科医師だという事実を知って彼を訪ねた。これ以上追われないために顔を変えることを決心したのだ。チ・ウンハンは自分を見て喜ぶハン・ガンウを見て自分をシン・ヒョンソだと紹介した。そして “助けて”と言いこの顔を別人に変えてほしいと頼んだ。ハン・ガンウは “정精神科に診てもらえ”と言って拒否した。
チ・ウンハンはしつこくハン・ガンウを訪ねた。そして土下座までしながら助けてほしいと涙を流した。チ・ウンハンの手に残る傷を確認し死をも覚悟していることを知ったハン・ガンウは “命は命で補うのが公平だ。命の恩人なのでお金はいらない”と意を決した。
手術が終わってから目覚めたチ・ウンハン(ナム・サンミ)は自分の姿を見て悲鳴を上げた。自分が誰なのか, 何のために清家氏手術を受けたのかも思い出せなかった。ハン・ガンウはチ・ウンハンに二人の出会いから整形手術まですることになった過程を説明した。
カン・チャンギ(チョ・ヒョンジェ)は夜のニュースよりも人気のある朝のニュースの司会者だった。自分の母でファイン・コスメティック会長のミン・ジャヨン(イ・ミスク)とは関係がよくなかった。ミン・ジャヨンはコスメティック専門家のソン・チェヨンをスカウトした。ソン・チェヨンはミン・ジャヨンの提案を受け入れる代わりにハン・ガンウ整形外科に入店することを要求した。
チ・ウンハンの病室に暴漢が侵入した。チ・ウンハンは瞬時に暴漢を制圧し後を追ったが痛みに襲われ逃してしまう。戻ってきた病室には暴漢が残して行ったカバンがありその中には巨額の札束が入っていた。

カン・チャンギはファイン・コスメティックが虚偽誇大広告で騒ぎを起こしていることを報じた。ミン・ジャヨンの秘書チョン・スジン(ハン・ウンジョン)“カン・チャュンギが暴露しなかったら夜のニュースのスクープとして報道されていたはずと言いミン・ジャヨンを落ち着かせようとした。ミン・ジャヨンは先だってスカウトしたソン・チェヨンを使ってブランドイメージを生かそうとした。続いてハン・ガンウを訪ね提携を提案した。
チ・ウンハンは記憶を取り戻すためにハン・ガンウと外出した。ハン・ガンウが心臓まひで倒れた公演を再び訪ねたのだ。チ・ウンハンは手術前と180度変わっていた。素管的だった以前とは異なり溌溂として活発な性格になっていた。ハン・ガンウはそんなチ・ウンハンの変化を不思議がった。
その時キム班長が現れハン・ガンウにチ・ウンハンの手術前の事実を迫りこの女を見たのかと問いただした。ハン・ガンウはわざと話を逸らしながらチ・ウンハンが逃げられる時間を稼ごうとした。ハン・ガンウはチ・ウンハンに“ヒョンソさんの後を追っていた男だと言った。チ・ウンハンは“私が何者なのかなぜ追っているのかを聞いてみると言ったがハン・ガンウはそれを引き留めた。
二人はハン・ガンウの屋根裏部屋に来た。チ・ウンハンは家主が保証金2千万円をじぶんがだすからテントを張って住めるようにしてくれと頼んだ。二ヵ月が過ぎチ・ウンハンは包帯を解いた。ハン・ガンウは知らぬ間に自分の母を思い描きながら手術したみたいだと言った。チ・ウンハンは家にキムチを届けてくれたハン・ガンウの父に会いぎこちない対話を交わした。
チ・ウンハンはそろそろ家を出る時が来たようだと告げた。ハン・ガンウは “君について知りたいと言ってチ・ウンハンを引き留めた。チ・ウンハンは“私がもし悪い女だったらどうするのと言い, ハン・ガンウは“いい人だってことはわかる “二人で調べてみようと一緒に記憶を探すことを約束した。二人は警察署に向い, チ・ウンハンはシン・ヒョンソを探す電話を受ける。

 

 

ID:
PWD: