メディア情報 - media information
メディア情報
日付
"私は誰?"…'彼女はといえば' ナム・サンミ×キム・ジェウォン×チョ・ヒョンジェ, ポスター公開
2018-07-13

[TVリポート=ソン・ヒョジョン記者 2018.7.12]

SBS新週末特別企画彼女はといえば’(パク。オンヒ脚本, パク・キョンリョル演出)が視聴者の好奇心細胞を刺激する公式ポスター二種を公開し注目を集めている。

今日(12日) ‘彼女はといえば’ 制作陣は‘私’についての記憶を失ってしまったチ・ウンハン(ナム・サンミ)の危機を予告するメインポスターとバラバラになった記憶とともに生きていくウンハンを中心に幾重にも絡み合う縁をつないでいく主人公たちの物語がこめられた団体ポスターまで, 二種類のバージョンを公開した。


まずメインポスターは先だって公開された初回のティザー映像のなかでウンハンの孤独と戸惑いがより鮮明にクローズアップされている。忙しく行き来する群衆の間で, ひとり佇むウンハンは恐怖におびえる眼差しで“私は誰ですか?”との問いを投げている姿。ドラマの冒頭, 不可避な事情でフェイスオフ級の整形手術を敢行するウンハンはその後遺症ですべての記憶を失ってしまうのだが, 彼女が‘私’を探しに行くダイナミックな過程が‘彼女はといえば’の醍醐味と言っても過言ではない。

続いて団体ポスターではウンハンが記憶を探すなかで結ばれることになる主要人物たちを散らばったジグソーパズルの中に集めている。ウンハンのそばを守る頼もしい黒騎士ハン・ガンウ(キム・ジェウエォン)からSBC放送局代表アンカーカン・チャンギ(조チョ・ヒョンジェ), 彼の母ミン・ジャヨン会長(イ・ミスク), ミン会長家の執事チョン・スジン(ハン・ウンジョン), ガンウの過去の恋人ソン・チェヨン(ヤン・ジンソン)まで五人の人物はチ・ウンハンとう接点を通して複雑な関係を結び予測不能なドラマ展開をリードする予定だ。


視線を釘付けにする意味深長なポスターを公開し二日後に控え本放送に対する期待感を高めている ‘彼女はといえば’は生きる為に人生を賭けたフェイスオフ級の整形手術を敢行したが, 手術の後遺症で記憶を失ってしまった一人女がばらばらになった記憶のパズルを合わせながら繰り広げる甘美で殺伐としたミステリー・メロドラマ。来る14日(土) 夜8時55分から放送が開始される。

 

ID:
PWD: