メディア情報 - media information
メディア情報
日付
‘華政(ファジョン)’ キム・ジェウォン, チャ・スンウォンを陥れる ‘進上パフォーマンス’ 4
2015-07-03

記事入力 2015-07-03 11:12:31

 [TVレポート=パク・クィイム記者] キム・ジェウォンが ‘進上最後の王’として生まれ変わった。 ‘華政(ファジョン)’で 4段階心情パフォーマンスを披露し圧倒的な存在感を示している。

 

3日MBC創立54周年特別企画 '華政(ファジョン)'(脚本:キム・イヨン/ 演出:チェ・ジョンギュ/ 制作:㈱キム・ジョンハクプロダクション) 側はヌンヤングン(キム・ジェウォン)のざんばら髪、席藁待罪、持斧上疏、挙火、土下座と続く ‘進上4種セット’を公開した。

 

◆ ‘華政(ファジョン)’ 21話, ざんばら髪破格ビジュアル ‘席藁待罪’

 

綾陽君(ヌンヤングン)は登場から視線を釘付けにした。乱れたざんばら髪に喪服姿、門前で席藁待罪を上げる彼の衝撃的なビジュアルは ‘綾陽君(ヌンヤングン)’という三文字を脳裏に深く刻み込んだ。

 

特に‘綾陽君(ヌンヤングン)’は‘席藁待罪’パフォーマンスを通してクァンヘ(チャ・スンウォン)があらゆる政治的圧迫に耐えながら拒否し続けている明への派兵を主張した。彼は多くの民が見守る中、 “何故誤った政治を続けるのですか?”とクァンヘを非難し、 “いつか満ち潮が過ぎ、引き潮になるでありましょう”と叫びながら光海(クァンヘ)の対抗馬であることを誇示した。これによって光海(クァンヘ)ヘの怒りのボルテージが上昇し、光海(クァンヘ)を押しのけ権力の座を占めようとする野心が秘められた綾陽君(ヌンヤングン)の進上パフォーマンスがその派手な幕を上げた。

 

◆ ‘華政(ファジョン)’ 22話, 斧を持ち愛民パフォーマンス ‘持斧上疏’

 

22話-綾陽君(ヌンヤングン)はより刺激的な行動で光海(クァンヘ)を挑発しはじめる。2段階目は ‘持斧上疏(斧を持って死を覚悟して上げる上疏)’。 綾陽君(ヌンヤングン)は朝鮮が明国に派兵しなければ明国が朝鮮に攻め入るとする匿名の投書を受けた後、輩を率いて王宮にの門前に向かう。そしてこれ見よがしに、首に斧を突き付け “派兵をしなければ明国が朝鮮に攻めてくることを我らは知っておる。軍を送れば無垢な民は救われる。この国の王孫として一人の無垢な民も犠牲にすることは出来ない”と叫び民を心から心配する ‘愛民パフォーマンス’を見せる。

 

しかしこれは不安に駆られる民百姓の立場を全くわきまえない軽率な行動だった。綾陽君(ヌンヤングン)の暴露によって戦乱を恐れた民は買いだめに走るなど都城は大混乱に陥ってしまう。

 

◆ ‘華政(ファジョン)’ 23話, 日々ヒートアップする光海(クァンヘ)に対する挑発! 第3弾 ‘挙火’!

 

23話-綾陽君(ヌンヤングン)はざんばら髪、斧事件に次いでついに松明示威まで起こしながら光海(クァンヘ)に対する圧迫の水位を最高値に上げていった。

 

彼は持斧上疏を通して自身の追随勢力が少しずつ増えてくるとどんどん肩に力が入っていく。そこで派兵に賛成し威勢を上げる民が挙火(松明示威)を始めると意気揚々先頭に立つ。松明群衆を率いて宮殿の前に突進した綾陽君(ヌンヤングン)は光海(クァンヘ)に向かって “派兵なされよ。この百姓たちを戦乱の犠牲になされるな”と叫び、威勢を上げる民心の心に油を注ぐ。

 

綾陽君(ヌンヤングン)は民が自身の号令に呼応して松明を高く掲げるたびに、あたかも王になったような喜悦に酔いしれる。切迫する民の心を尻目に‘松明示威’を楽しく陣頭指揮する話綾陽君(ヌンヤングン)の姿は視聴者の怒りの指数を高めた。

 

◆ ‘華政(ファジョン)’ 24話, 権力の前に自尊心を捨てて‘土下座’

 

24話-綾陽君(ヌンヤングン)は王になるために自尊心をかなぐり捨てる覇気(?)を見せるのだ。彼は自身の思い通りに明国に対する派兵が実現すると、なお一層意気込み光海(クァンヘ)を引きずりおろし、王座を奪う計画を具体化し始める。‘朝鮮が派兵に踏み切らなければ明国が朝鮮に攻め入るだろう’という投書を送った者がカン・ジュソン(チョウ・ソンハ)であるという事実を知った綾陽君(ヌンヤングン)は自らカン・ジュソンのもとを訪ねる。

 

ジュソンと向かい合った綾陽君(ヌンヤングン)は“人を犬扱いするのならそれなりの答を出すべきでしょう。なのに首輪をはめられた主から全く反応がないので焦りが募るばかりです”とためらいもなく自身を犬になぞらえた。そして “私を王にしてくだされ。どんなことでもする”と言い土下座する。王座につくためなら王族としての体面などいとも簡単に捨て去る綾陽君(ヌンヤングン)の姿は衝撃的で、歴代最高の進上王の誕生を見せつけた。今後綾陽君(ヌンヤングン)がまたどのような破格な行動に出て、視聴者を驚かせるのか、彼の予測不可能な行動に期待が膨らむ。

パク・クィイム記者luckyim@tvreport.co.kr / 写真=MBC

 

ID:
PWD: