メディア情報 - media information
メディア情報
日付
“華政(ファジョン)” キム・ジェウォン, 鳥肌ものの演技の秘訣を公開…‘汗と努力!’
2015-07-02

入力 2015-07-02 08:22:00
MBC月火ドラマ ‘華政(ファジョン)’ に出演しているキム・ジェウォンの演技の秘訣が公開された。一時も台本を手から離さないキム・ジェウォンの涙ぐましい ‘台本病’ の姿が目撃された。

所属事務所ウィルエンタテインメントは2日公式フェイスブックを更新し、手に台本をしっかり握りしめたまま演技練習に集中するキム・ジェウォンの姿が写された写真を掲載した。

写真の中のキム・ジェウォンは場所をいとわず真剣な表情でただただ台本に没頭している。

特に蒸し暑い天候のもとで行われた撮影の強行軍で、誰もがしばし休憩を取っている瞬間にも、休憩を返上して何度も台詞の稽古と動線のチェックに余念のない姿を通して作品に対する熱い情熱を感じさせてくれた。

腕を後ろ手に組んでカリスマを感じさせる目付きでどこかを凝視するキム・ジェウォンの姿は確かに ‘華政(ファジョン)’ の中の最大の野心家 ‘綾陽君(ヌンヤングン)そのものであり、それ自体関心を呼んでいる。

またキム・ジェウォンは自身が演技する ‘綾陽君(ヌンヤングン)’が他のキャラクターに比べ感情の起伏が大きいキャラクターであるために、人物の特徴を生かすため必死に努力しているという。演技中 ‘OK’ サインや, ‘カット’ の声が響いても呼吸を切らさずに感情を維持するかと思えば、次につながる台詞を反復する等人知れぬ熱意を傾けている。

ドラマ ‘華政(ファジョン)’は渾沌とした朝鮮王朝時代の政治圏の様々な群像が担った権力に対する欲望とこれに対抗し個人的な怨恨を越えて連帯する光海(クァンヘ)と貞明(チョンミョン)、そしてその貞明(チョンミョン)が仁祖政権下でその権力と欲望に最後まで刃向い闘う姿を描いた作品。毎週月,火曜日夜10時放送である。


東亜ドットコム ホン・セヨン記者 projecthong@donga.com
写真=ウィルエンタテインメント

ID:
PWD: